加湿器の種類と方式

加湿器の種類と方式

加湿器は、その「加湿方式」によって、大きく3つのタイプに分けられます。それぞれに特徴があるので、適材適所で使い分けたいものです。

■スチームファン式(加熱式)の加湿器
ヒーターで水を加熱し、沸騰させて蒸気に変える方式です。これは、やかんでお湯を沸かすのと同じ原理です。白い蒸気が勢いよく出るので、いかにも加湿しているという実感があります。短時間で湿度を上げたい場合には有効です。
ファンで蒸気を送り出すタイプが主流で、共働きやひとり暮らしなど、家にいることが少なく使用時間が短い場合におすすめです。

■気化式(ヒーターレスファン)式の加湿器
水を含んだフィルターにファンで風を送り気化させる方式です。これは、洗濯物を乾かしたり、水に濡らしたバスタオルを使って加湿したりするやり方です。ヒーターを使用していないので、吹きだし口が熱くならない上に、送風のみなので消費電力が少ない(15W〜30W程度)ことから、大半は家にいたり小さい子供がいるなど、長時間使う人におすすめです。節電意識の高まりもあり、最近はこの方式の製品が増えていま す。

■気化×ヒーターの、ハイブリット式(加熱気化式)の加湿器
湿度が低い時はフィルターに含んだ水分に「温風」をあてて加湿量を多くし、湿度が安定してきたらヒーターを切り「送風」のみで加湿を一定に保つタイプ。
消費電力は気化式より大きいが加熱式よりは小さく、加湿のパワーも両者の中間となり、機能とコストのバランスがよい加湿方式と言えます。省エネ性は重視したいが、加湿スピードの速さも必要という人におすすめです。


 

サイトマップ